プロジェクト:;コールド 謎解き

動機:;判明? date 21201120

更新日:

妄想考察やら他力本願やら

「●」……ネットの考察を参考にしつつ、ココの中の人が仮説と結論をだした考察
※「→」……仮説「●」の結論。tweetするときはテキストの最初に「もしかして:」をつける
「◆」……「●」で出た考察を前日までにネットでコメント(主にtweet)したもの

◆1/31の動画でイオリが話している際中にノイズが混入している理由
 ※みやまんメンバーの動画にノイズが入っていた理由が「イオリがHASTHACKINGでメッセージを入れていた」ことから推測
 →イオリの動画を通じて、誰かが何らかのメッセージを融解班に伝えようとしている?

●みやまん世界で1/24の動画の時点では「イオリがいる時代からちょうど100年前まで」とは言ってるけど、1/31の動画では言及してない
 →みやまん世界で2/7の時点では100年よりもっと遡れるようにハズキがバージョンアップさせている可能性
  →銀魂発動が11/22より前になる可能性

◆case613終了までに出てきそうなプレゼント企画
 ▼イオリのファッション
  →ウォレットチェーン
 ▼ハズキ「ラーメンのお湯沸かす」
  →「カップ麺」1年分
 ▼銀の弾丸(&中の人)
  →「銀魂」全巻セット
 ▼謎解きから
  →有名バーガーチェーン店の優待券
  →X JAPANのCD
  →ハリポタのDVD
  →赤い万年筆

◆公式のストーリーまとめが「■11月24日」スタートの理由
 →銀弾使用が11月24日に近くて前な日付で、2/7の動画で銀弾使った後にtrueルートのストーリーが公開される可能性
 ※玲子のシャドウアタック後に公式サイトが白から黒に変化したように?

●公式画像つきtweet「謎解きが一瞬で解かれていく」?
→見つけられるもので見つかっていないのは、謎以外のなにか?

◆イオリ世界と融解班世界は7日間で4時間半縮まる
 →次回配信時(融解班世界で2/7pm20:00)、イオリ世界の時刻は推定11/22正午。更に、ヒカリと理也の待ち合わせが当日の16時半
  →銀の弾丸を使う時間のに時間がかかる可能性を考えると、イオリが考えていると思われる「6人救えるルート」に進むためのタイムリミットは約4時間
   →つまり2/7中に、融解班は何らかの答えを出す必要に迫られる可能性

→「銀弾でファイナル」?

ネタのようなもの

●いまだに残っている、明かされない(と融解班が感じている)事について

--(略)逆にいま見つけられるものでまだ見つかってないものもあったりするんですか?
総監督:はい。もちろんあります。

https://realsound.jp/tech/2021/01/post-687807_2.html 『Project:;COLD』総監督を直撃ーー反響を呼ぶ“SNSミステリー”はどのように作られ、どこへ向かうのか > SNSや融解班の反応はどのように見られているか

 公式から「これは謎ですと提示された謎」は融解班が凄いはやさで解いているけど「見つけられるものでまだ見つかっていないもの」、言い換えれば「(謎かそれ以外の何かは不明だけど)ノーヒントで置いてある何か」は見つかってないんで、積極的に動く融解班が多かったら謎かTwitterアカウントかサイトか、はたまたそれ以外の何かが見つかって(結果、融解班の疑問に思っているいくつかの事が明らかになって)それはそれで状況が変わってたのかなーとも。

 あー、でも、ほぼ毎日tweetアカウントやサイト、スマホアプリについて思いついたら検索してるこのブログの中の人の推測力や検索力ではこのコンテンツに関係する何かは探し当てられなかったから、「推測」「検索」あと「目星が外れてもおれない心」がある程度無いと厳しかったのかも。

●case613事件は、「時間を100年遡れるPASTHACKINGでみやまん6人が救われたよ、それ以外の謎はたくさん残ったよ」
 →なんで?
 Q.(総監督)の答えのようなもの(↓)

総監督:そうですね。ただ、これに限った話ではないんですが、今回のようなコンテンツを計画したとき、我々仕掛け人側の考えを全て開示すべきではないと思っています。必要な神秘性というものは、必ずあると。ただ、結果的に受け取る側のみなさんが、受け取り方が分からなくて戸惑っていた部分もあるので、今後こういう企画をやる上で、どうやって相互理解を生んでいくのか、それは一つ課題になる部分だと感じています。

https://realsound.jp/tech/2021/01/post-687807.html 『Project:;COLD』総監督を直撃ーー反響を呼ぶ“SNSミステリー”はどのように作られ、どこへ向かうのか > VTuber的、ARG的に見えた導入部はいかにして作られたか

※この答えをふまえた次のコンテンツ予想

→caseXXX事件「あれからバージョンアップして時間が150年遡れるようになったよ、1987年の血の人形事件の真相の謎がとけたよ、まだ謎が残ってるよ、新しい謎が出てきたよ」

 →caseXXXX事件「バージョンアップして200年遡れるよ、これまでの事件の真相がいくつかわかったよ、新たな謎がでてきたよ」
※(以下シリーズとして続く)みたいな?

※「全部の謎は開示しない」って公式でコメントしてるのと同時に、「参加するときにどういった楽しみ方をすれば不満が出にくいかは考えていきます」ということなのかなー

 このブログの中の人としては妄想する余地が残って、ブログのネタであーだこーだ好き勝手考察展開できるので「すべての謎は開示されないほうが好き」っすなあ。

●(総監督)?
 ※case613終幕後に正体が「明かされる」か「明かされない」か
  →「明かされない」ことにより、毎回(総監督)の中の人が変わり、物語の先が読めない楽しみが生まれる?

●『Project:;COLD』の目的はひとつ
 「6人の少女」にふりかかる”死の呪い”の真相を突き止めること
 そのために”呪いの真相”に近づいて”死の呪い”から救い出す方法を探す事
 →目的に直接関係ないことはあえて語らないという手法をとっているともいえる?
※例えるなら、コンピューターRPGで勇者の目的が魔王からお姫様を救う事(それ以外の謎や疑問点はプレイヤーがあれこれ想像して楽しめばいい)

→”死の呪い”は、【2/7の動画配信でホワイダニットが明らかになる事により、ハウダニットと合わせて、どういったものかが判明する】? 多分メンバーひとりひとりを個別に集団で襲ったものと予測
→”死の呪い”から救い出す方法は、【銀の弾丸を使って、過去の人物の行動を変更すること】
 ※1発しか使えない、「不可逆性」の由来?
 ※使ったら今までのtweetがガラッと変わる可能性、「SNSミステリー」の由来?

-プロジェクト:;コールド, 謎解き

Copyright© 64ROADSHOW焼き菓子カスタム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.