映画

映画鑑賞2020年1本目「カイジ ファイナルゲーム」

更新日:

 2020年一発目、「カイジ ファイナルゲーム」を観てきました。

 開幕いきなり「東京五輪で日本が大不況、海外資本にのっとられる」みたいな設定がありえそうで変にリアル。原作ではカイジvs帝愛だったのが今回は相手が日本政府とスケールアップしてる。この設定聞いたときに(カイジが勝ったら日本オワタだから爽快に勝つのは難しいかな)と思ったら、大体予感通りだった。
 カイジは関わった人たちの希望ではあるけど、デカいものを背負っちゃいかんよな。義理人情には厚いけど、すべてのギャンブルは自分の欲望のためってほうが良かったなー。結局は雇われたじいさんの掌の上で踊らされたってのは、前2作でも似たようなもんだったから構わない。

 ギャンブルについては全部映画のためのオリジナルだから、原作がないからどんな風に話が転がるのかワクワクできた。ただドリームジャンプのあたりはちょっと敵側がおバカだったかなー。今迄に歯向かう奴らがいなかったから警備が手薄になってたのはあるだろうけど、「あのカイジ」とまで認識してたらもっとガード固くてもいいはず。まあこのあたりは2時間ちょっとで話を終わらせる必要があるからそうせざるをえなかったんだろうなーと(ただし敵側がカイジの事を、帝愛を倒した男とちゃんと認識してなかったのかもしれない)。
 切れ者メガネも、カイジの事を派遣王からの情報でしか知らなかったとはいえ、カイジとのゲームで負ける前の思考が「カイジ」の敵側のキャラクターっぽくなかった。利根川とかならもっと読みが深かったとは思うけどまーこれも劇場版で(以下略)。

 結論としては、カイジ芸人のネタもこの映画からもそのうち出てくるだろうから、ネタをより楽しむために見といたほうがいいよーと。

-映画

Copyright© 64ROADSHOW焼き菓子カスタム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.