ドットインストール プログラミング

PHP学んでみた(演算~ループ文)

更新日:

今日は出かけてたので昨日の復習を、前回同様φ(..)メモメモ。

今日の勉強

文字列

  • ダブルクォーテーション ”hello $name \n hello again!”
  • 特殊文字(\バックスラッシュ)や変数の展開ができる \nで改行、\tでタブ
  • シングルクォーテーション''
  • 中身がそのまま
  • ダブルクォーテーション内の変数は中括弧 {} で変数を分かりやすくできる。$name 、 {$name} 、 ${name}など
  • 連結は「.」コロンで行う
  • 間に変数を入れることも可能

if文

if (条件分岐1) {
 条件分岐が真だったときの処理
} elseif (条件分岐2) {
 条件分岐1が偽で、条件分岐2が真だったときの処理
} else {
 条件分岐1が偽で、条件分岐2が偽だったときの処理
}

真偽値

$x = 5
if ($x) {
 $xが真だったときの処理
}
※$xが数値だったときは「0」「0.0」以外

三項演算子

$max = ($a > $b) ? $c : $d
※カッコの中が真($aが$bより大きい)場合は$cを$maxに代入、 カッコの中が偽($aが$b以下)場合は$dを$maxに代入

switch文

switch ($signal) {
 case "red": ←条件終わりは「:」コロン
  $signalの値がredだった場合の処理
 break; ←処理を終了するときは「break;」
 default; ←どのcaseの条件にもあわなかったとき
  どの条件にも合わなかったときの処理
 break;

caseの条件が違っても処理を同じにしたいときは、case分を続けて書く

ループ文

while

(i)
while ($i < 10) {
 echo $i;
 $i++;
}

(ii)
do {
 echo $i;
 $i++;
} while ($i < 10);

i=0のとき……どちらも「0123456789」と表示して終了
i=100のとき(i<10の条件が偽の場合)
(i)最初に分岐条件があるので、何も表示せずに終了
(ii)最後に分岐条件があるので、「100」と表示して終了

for

for ($i = 0; $i < 10; $i++) {
 if ($i === 5) {
  ※break; ←ループを抜ける
  ※continue; ←ここ以降処理せず、次のループにうつる
 }
 echo $i;
}

※break continueが入っていない場合……「0123456789」
※breakの場合……「01234」
※continueの場合……「012346789」

-ドットインストール, プログラミング

Copyright© 64ROADSHOW焼き菓子カスタム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.