プロジェクト:;コールド 謎解き

初手:;突破 date 21201110

投稿日:

(定期)おしらせ

「最終的にイオリが銀の弾丸を打ち込むと思う、分岐点だと思う出来事(のある日)は?」アンケート受付中です
 ※しめきりは1/31pm23:59

【 phQ.1 イオリからの依頼・1/25結果発表 】

phQ.1-V1「岩永静が好きな【食べ物】は?」
 →「チーズ」「からあげ」「ハンバーガー」、【ハンバーガー】で正解
  →次の質問が出現
phQ.1-V2「綾城奈々乃が【大切にしている】ものは?」
 →「都まんじゅう」「劇団」「テディベア」、【テディベア】で正解
  →次の質問が出現

【 phQ.1 イオリからの依頼 ii 】

イオリのアカウント(Twitter)で提示された謎

phQ.1-T1「岩永静が【会いたい人】は?」
phQ.1-T2「綾城奈々乃が好きな【曲】は?」

解答方法(↓)
▼解答は「みやまん謎解き」のハッシュタグをつけてtweet
▼しめきりは明日17時、19時に結果発表
→妥当性の高いものを三つ選んでイオリが試す
※「正解があった時には、それを見逃すようなことは絶対にしない」?

今回の解答と今後の対策方法

●静の場合
 「チーズ」「からあげ」は本人がtweetしていたワード、「ハンバーガー」は1度もtweetされていなかった単語。
 「ジャンクフード屋さんによく寄っていた」から推測した融解班のtweetで正解だった。

●奈々乃の場合
 ハッシュタグつきのtweetでは本人がtweetしていた「ベア太郎」が多かった。
 「テディベア」は1度もtweetされておらず、ひとりの融解班が理由なし・単語のみのtweetでイオリが採用した。

→推測1・本人のtweetに出てきた単語が直接「秘密の質問の答え」になる可能性は低い
→推測2・「多くの融解班がtweetした同じ答え」を、ちょっと捻ったり言い換えた答えが「秘密の質問の答え」になる可能性が高い

●難易度調整について
 動画(1問目)は、メンバーのtweetから連想されるもの
 tweet(2問目)は、メンバーのtweetや自己紹介動画を見たうえで、ネットで検索したものが正解になる可能性が高い?
 ※「2020年3月」「2億回再生」「バンド」からの推測(まだ決まった訳じゃないけど)
 もし3問目(静と奈々乃の3つめの秘密の質問の答え)があるなら、過去の「見つけられるけど見つかっていない」レベルの問題になる可能性がある?

妄想考察やら他力本願やら

「●」……ネットの考察を参考にしつつ、ココの中の人が仮説と結論をだした考察
※「→」……仮説「●」の結論。tweetするときはテキストの最初に「もしかして:」をつける
「○」ネットの意見で「好き!参考にしたい!」と思ったコメント ※ここに中の人が追加の仮説や結論を付け加えると「●」になります
「◆」……「●」で出た考察を前日までにネットでコメント(主にtweet)したもの

●理也の「嫌いなこと」を答えた理由
 →PAST HACKING?

●イマオカ・オカルト俱楽部の誤字や、みやまんメンバーが誤字tweetした理由
 →PAST HACKING?

「ぶどうかん2024」と「ヒカリとの約束」について

◆発端はヒカリが過去の万引きデマ(調査ファイル③)の経験をもとにした、6人の狂言
→やろうとした理由:「連続自殺事件調査中にバンドリーダーが行方不明!?」「のちに無事保護される」みたいな話題性をつけたかった。良くも悪くも有名になるし、デジタルタトゥーで人の記憶から消えてもネットで残るから
→どうして話題性をつけたかったか:「当時女子高生の時にリーダーが失踪事件のあったバンド」って肩書きをつけてデビューして(ネット検索すれば当時の事件の記録がすぐに確認できる)、後から実力をつけて2024年に武道館ライブ、という筋書きのつもりだった

※ヒカル自身も悪い事だとは思っているけど「どんな人でも話し合えばきっとわかりあえるはず(調査ファイル①)」のつもりで、5人を計画に巻き込もうと説得した

◆ヒカリから「ぶどうかん2024」計画を聞いた反応
※計画を5人に話したのはどこで?:11/26のアパート
→玲子「自作自演の事件で有名になったら汚点になるかも」
→奈々乃「ちやほやされるからOK!(玲子にとっては汚点になるだろうけど)」※有名人になるならスキャンダルのひとつやふたつは勲章、とか思ってそう
※第4話で、奈々乃が「玲子だけは汚点になると考えた」あの事とは、「ぶどうかん2024」

◆アパートで計画を発表した時のイレギュラー要素
自作自演の「ぶどうかん2024」計画の最中に11/26のアパートでやばい事件に出くわした結果、1/6のやり取りに繋がりそう
玲子「自作自演の話を公開すれば、グループXの邪魔をした訳じゃないと分かってくれるかも」
奈々乃「あの事(自作自演したこと)が玲子にとっての汚点」

●11/26周辺で起きたこと?

11/23まで ヒカリがあらかじめ再来事件の記事をみつけておく
11/24 再来事件の調査と称して5人を誘う
11/25 「私たちは事件の調査をしてますよ」アピールtweet
11/26 人気のない場所を探してアパートに入り、ヒカリが5人に「ぶどうかん2024」計画を話す。
 ※実は再来事件の最初の3人を殺害した犯人グループたち(玲子にとっての「グループX」)の隠れ家。この日は次の犠牲者の選定を始めていた
 ヒカリ「私を死んだことにして! 2024年に武道館で復活するの!」
 ここまでで終わるはずが、アパートに潜んでいた犯人たちに見つかってしまう(犯人たちの話声を聞いてしまった?)。ヒカリ告白と犯人グループに見つかった事、再来事件の実行計画を聞いてしまったのでtweetする余裕がなくなる

※追記
「ぶどうかん2024」では第1話は6人による作り話説
 →11/29の動画の時点では、まだヒカリは生きていた?
→第1話と第2話の間に何かが起きる、ヒカリ死亡
 →第2話 静「え?」ドッキリじゃない想定外を見る?

case613の三部作構成について

※「case613」は「六泉ヶ丘高校文化祭編」「血の人形・再来事件編」「血の人形・再来事件解決編」の三部作で構成、と公式発表の素材を元にしたと思われるニュースサイトの記事で明らかになっています

●「六泉ヶ丘高校文化祭編」が開始された当初は多少の考察要素はあっても「血の人形・再来事件編」のような物語の主役格であるヒカリが死ぬ展開に向かうとは思わなかっただろうし、
 「血の人形・再来事件編」に突入した初めの頃は(全滅させない!死の連鎖を終わらせる!)と考えていた融解班が多くて、「血の人形・再来事件解決編」のような6人全員死亡の結末なんて想像すらしたくなかっただろうから、
 「血の人形・再来事件解決編」ですべて丸く解決するとは到底思えない。
※「二度あることは三度ある」思考

→◆「case613」編が『Project:;COLD』シリーズのプロローグの可能性は十分に高い可能性が?

※シラノ「あの6人が遠因で100年後がひどい状態だから彼女達消したんだけど?(おこ)」

◆(以下妄想)
 2120年の地球で大罪を犯している7人を「警察的組織・シラノ」が長い年月をかけ、計画通りにひとりずつ銀の弾丸で存在を無かったことにした。
 あと一人(イオリ)の存在を消せば、荒廃した地球を復興させるところまでいった。最後に地下室(画像)まで追い詰めた。
 イオリ側が未来の事を知らない過去の相手(融解班)と接触。自分たちが接触した理由は、自分達の時間的に手が届く100年前の相手なら、2120年の事はしらないだろうから。

(ここから先はcase613のその後の展開の妄想)
 イオリとハヅキ、6人が本当は大罪人など大事な所は一切触れずにうまく言いくるめて融解班を協力させてイオリたちは逆転劇を果たし6人が解放。地球はさらに荒れ果てた地になってしまう。
 7人が逃走後に現れるシラノの代表。共犯者として融解班は未来で身柄を確保される……?

→みたいな展開も『Project:;COLD』がシリーズ化するなら悪くないかなあ?
 ※シリーズのラスボスは、助けたと思ったはずのイオリを含めた7人だった

●シラノが味方でもシラノが敵でも(総監督)はうまいこと展開ハンドリングしてそう

●「イオリ&ハヅキと6人が実はラスボス」で「七つの大罪を背負っている」場合
 ※妄想アクセル全壊、初見注意
 傲慢 ヒカリ(話せばわかる、主張が通ると思ってる)
 強欲 理也 (パパに言えば何でも揃う)
 嫉妬 玲子 (ヒカリくやしい奈々乃うらやましい)
 憤怒 奈々乃(絶対あいつが犯人!)
 色欲 (ハズキがボンキュッボン?)
 暴食 静  (からあげ)
 怠惰 いちご(人といると疲れる)

ネタのようなもの

◆イオリの鎖
 もしかして:ネビュラチェーン

◆自己紹介で「得意なこと」を聞かれた理也が「嫌いなこと」を答えた理由
 →PASTHACKINGで銀の弾丸を打ちこむ前の記憶が残ってた
◆死神アカウントで「おやすみなさい!」tweet、即消しの理由
 →PASTHACKINGで(以下略
◆奈々乃が「おめでつ!」と呼びかけた(略
 →PH
 すべてPASTHACKINGで説明可能(QED)

◆『Project:;COLD』の立ち位置について。DQXで例えるなら「イオリ→姫勇者」「融解班→盟友(プレイヤー)」「シラノ→ネルゲル」だと腑に落ちる?

●謎解きについて、ちゃんと調べて周りと同じtweetしたり、多数派の解答とは方向性変えてtweetしたりしてる、ちゃんと考えてる融解班が多いので、まー、ひとりくらいは全力で大喜利方面にtweetしても問題なさそうな?

◆今回:3回動画を送れるだけのエネルギーを貯められた、という設定
 ※コンテンツ運用期間は(みやまんバンドから数えて)実質4か月?

 イオリからの依頼が緊急性が高い場合:もっと少ないエネルギーしか貯められなかったり、という設定
 ※コンテンツ運用期間は1~2か月程度の物語

 犯行が十分な前準備をして時間をかけて実行された場合、イオリもそれなりに準備が必要、という設定
 ※半年以上展開するスケールの物語

最近のクラウドファンディングなどもそうであるように、お金の集まる仕組みが変わっていて、信用や愛情に対してお金が集まる時代になっていると思います。もし『Project:;COLD』の仕組みが機能すれば、マネタイズが難しくて量産できなかったARGなどはもっと発展できると思いますし、今回のようなSNSミステリーの枠組みを超えて、もっと新しいエンタメの展開方法として確立するだろうと、そういう仮説を抱いて、今まさにチャレンジしているところなんです。

https://realsound.jp/tech/2021/01/post-687807_3.html 『Project:;COLD』総監督を直撃ーー反響を呼ぶ“SNSミステリー”はどのように作られ、どこへ向かうのか > ファンベースに根ざしたIPコンテンツの作り方

→『Project:;COLD』は、ARGが手軽に作れるようになる為に企業が参入しやすくならないかを考えながら作った実験的なコンテンツ?
※キーワードは「ファンとコンテンツメーカーとの距離整」「マネタイズ」?

●銀の弾丸でイオリとハズキがやろうとしてること
 →ドラゴンボールで界王様が「フリーザ【一味】に殺された人たちを生き返らせてくれ」と頼むのと同じ?
 ※ナメック星の最長老は直接フリーザに殺されたわけじゃないので「フリーザに殺された~~」では生き返らないけど、フリーザとその仲間がナメック星に来た影響で寿命が縮んだ影響と考えればドラゴンボールで生き返らせるルールでギリ生き返るだろう、という界王様の考え

-プロジェクト:;コールド, 謎解き

Copyright© 64ROADSHOW焼き菓子カスタム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.