ゲーム リングフィットアドベンチャー

『リングフィットアドベンチャー』初日

更新日:

 手短に設定を済ませて「アドベンチャーモード」へ。

今日のアドベンチャー

第1章は3つのステージで構成されていますボスまでのルートも一本道でシンプル

 それぞれのステージではゴールを目指しながらコインを集めます。今のところコインを集めて何をするかは不明。紫色のエフェクトと、ドラゴの顔アイコンが表示されているのが、ボス・ドラゴのステージ。ドラゴとの勝負に勝てば章のクリアーです。

 各ステージ終了後には運動後の体の状態を計測することも可能。

ジョイコンで脈拍を図り、プレイヤーがどのくらいの運動をしたのかを判定してくれます
今回のステージでの運動量も表示。どれだけ頑張ったかが数値で見られるとやる気に繋がります

 ちょっときつめに運動負荷をかける設定で始めたので、設定どおりの運動量です。このレベルの運動量なら習慣づけられそう。

本日のアドベンチャーモードでの運動結果。最初のステージなので運動量も少なめ?

 最初のステージをクリアーした時点でジットリと汗をかいて息も上がってる状態。『WiiFit』シリーズよりも運動密度が高い!

 『WiiFit』シリーズではバランスボード(ウィーボくん)の上に乗って、Wiiリモコンを操作するのが運動の基本でした。言い換えるなら「足元はウィーボくんから離れず」「Wiiリモコンを投げないように」ある程度動作に制限のあった状態といえます。
 今回の『リングフィットアドベンチャー』は、レッグバンドで足が自由に動かせて、リングコンはしっかり握ることが前提なので放り投げるという誤動作が起きにくくなりました。運動する動作の自由度が広がり運動量の激しいメニューも導入できたことで、『WiiFit』シリーズよりもしっかりダイエットに励めるゲームになったといえます。ガチなダイエット勢バンザイ!

今日のスコアアタック

 アドベンチャーで息があがったとはいえ、WiiFit~~の時と比べたプレイ時間は少なく、まだまだ運動したりないので、他のモードにもチャレンジしてみることに。

リングコン押し込み。制限時間20秒で、ラスト5秒あたりがきつくなる。動画はスタート直後にしくじった

 「アドベンチャー」以外のモードとして「フィットスキル」「ミニゲーム」「シンプル」があります。

「フィットスキル」は「アドベンチャー」と同じようにリングコンを使って敵と戦うモード、「ミニゲーム」はパラシュートやろくろ回しなど、様々なシチュエーションを時間制限のあるゲーム形式で点数を稼ぐモード、「シンプル」は体の特定の部位を鍛えるために同じ動きを繰り返して回数を競うモード。
 どれも数十秒で結果が出るので、アドベンチャーをじっくりやるほどの気分ではない時に取り組みやすいモードです。

 さらにこの3つのモードではインターネットを使って世界中のプレイヤーとランキングを競うことができます。ライバルがいると張り合いが出て結果、フィットネスがはかどり美ボディをゲットできるのは嬉しいですね。

 ちなみに、ここのブロガーさんがワールドランキングにチャレンジしたところ━━

1位と300点差ッ
1位と0.14秒差ッ。「きりのいい所で終わらせよう」という考えが同じだったらしい

 あとちょっとで頂点に届かない種目がいくつか。1度プレイしないとランキングが確認できないので初回だとどこまで頑張ればいいのかわからいから心が折れますね。

世界1位ゲットだぜ!

 かくいう私も開幕ダッシュで週間世界ランキング1位を1つだけ獲得しました。このゲームをするのはダイエット目的なので、ガチでランキングを目指すことは致しません。たぶん。

「アドベンチャー」での面クリアーやボスの存在、他のモードでのランキング実装など、プレイヤーがそれぞれ目標が設定できるのが嬉しい。これならアドベンチャークリアー後もコツコツフィットネスで永遠にダイエットできそう。

『WiiFit』シリーズが中休み含めて12年続けてこれたのだし、『リングフィットアドベンチャー』もマイナーチェンジ繰り返して長いこと遊べるゲームであってほしいものです。

本日の運動結果(すべてのモード)

「アドベンチャー」の直後の数値とまったく一緒なので、ゲームをやめるときにでるこの数値に「アドベンチャー」以外の運動の記録は入っていないのかも?

画像&動画 / Via リングフィットアドベンチャー | nintendo

-ゲーム, リングフィットアドベンチャー
-

Copyright© 64ROADSHOW焼き菓子カスタム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.