投稿 欽ちゃん

欽ちゃん公開オーディション#6

更新日:

髪切って食べて運ぶ

 木曜日のいつもの面白いやつ。いつもどおりに作家枠で参加。
 Zoomのログインにてこずってオーディション前ぎりぎりで入室できるの、ブラウザが相性悪いのかパソコンが古いからなのか、いやーわかんねえ。

以下今回の欽ちゃんのお題と、感想をメモ代わりに。

【番組名】「じゅげむみたいに長くしていく」のが目的みたいなので、「公開オーディションあーしろこーしろちょっと聞いてよ」。今回は「テンポがいいね」がくっついたかな。この枠狙うのなかなか難しい。

【カリスマ美容師風】最初美容師の外見とか行動かと思ってコメント投げてたら、欽ちゃん「言いそうな事考えて」だったので、コメント方向性修正して連投。(へいらっしゃい、活きのいい美容師揃ってるよ!)でコメント読まれたー。欽ちゃんの表情も「?」だったし、風ではないよなー。

【中華料理店にて】レンゲを切らしちゃって、どうやってワンタンを食べるかを、がーまるさんに演技してもらうパート。「キクラゲどうぞ」のコメントに乗っかって「レンゲの形のキクラゲどうぞ」で読まれるし、がーまるさんにアクションしてもらう。嬉しい。がーまるさんの演技の想像しながらだとコメントをイメージしやすくて考えやすい。

【画像を見ながら、シェルパに言ってはいけない言葉】「シェルパを呼び留めてまで言うセリフ」でコメント読まれる内容忘れたけど、読まれたのでその方向でコメント連投。いくつか読まれたかな。

【ワサビのつーん、カラシのつーん】出演者やがーまるさんへの演技指導がメインで、コメント読まれたかどうかあやしい。タバスコのつーんも追加して、それぞれの違いをがーまるさんに演じてもらう。反応違うんだ、すごい。食べたところの演技を見てる人に表現するから食べてる口が見えるように正面で顔を見せる。

【足を踏まれて】踏まれてもニコニコしながらリアクションする。演技指導メイン、読まれず。ネガティブな状況をポジティブに返すのは欽ちゃんオーディションの基本みたいなもんかな、出演者さんが演じやすそうなコメントを思いつかないと。

【デートで湯豆腐】彼女が彼氏に湯豆腐を食べさせてあげる場面の演技。食べさせてあげるという受動的だから口に意図しないタイミングで熱いものが放り込まれる演技をしなくちゃいけないのかな。

【木綿豆腐と絹ごし豆腐のちがい】れんげからこぼしたとき、塊ひとつボロっと落ちるか、途中でスルスルっと落ちるか。

【歴史上の作曲家の会食】有名な作曲家とお寿司のネタ組み合わせるだけのお題かと思ったら、いわゆるダジャレだった。有名な作曲家じゃないと「誰それ?」で採用されないから難しいねえ。

 あとはいろいろ! 海苔が食べられるように頑張るか!

 コメントするときのイメージとして前回参加してた出演者さんたちをイメージして考えることが多いけど、今回はどちらかというとがーまるさんメイン回だったかな。がーまるさんがやりそうな動きをイメージしてコメント考えるのはどっちかというと簡単だけど(読まれるかどうかは別問題)、簡単だけにコメント考える修行にはならないのよねえ。「楽にセリフ考えられてラッキー」とでも思っておこう。

-投稿, 欽ちゃん

Copyright© 64ROADSHOW焼き菓子カスタム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.